国公私立大学図書館協力委員会について

 国公私立大学図書館協力委員会(以下、協力委員会)は、日本の大学図書館全体としての事業展開、課題解決、情報共有のためのプラットフォームです。その母体は、国立大学図書館協会、公立大学協会図書館協議会、私立大学図書館協会の三つの大学図書館協会の協力体制により構成されています。
 協力委員会は、三つの協会から選出される常任幹事館、委員館を中心に運営され、事業の実施に当たっては各専門委員会がその活動の主体を担っています。
 また、2010年に国立情報学研究所との連携・協力を進める上での協定を締結し、大学図書館コンソーシアム連合(JUSTICE)をはじめとする協力事業を展開しています。

※JULIBはJapanese University Librariesの略称です。本サイトは協力委員会としてだけでなく、
日本の大学図書館全体のサイトとして活用していきます。
※ページトップの三色のロゴは、国公私(黒黄紫)の大学図書館の協力を示しています。