北米日本研究資料調整協議会(NCC)から感謝状が贈呈されました

米国・サンフランシスコで開催された、米国東アジア図書館協会・アジア学会の2006年年次総会(CEAL/AAS 2006 annual meeting)会期中の4月7日、 北米日本研究資料調整協議会(NCC)オープン・ミーティングの席上において、笹川郁夫氏(国立大学図書館協会事務局長、国際学術コミュニケーション委員会委員、東京大学附属図書館事務部長)にNCCからの感謝状が贈られました。
(感謝状の写真をクリックするとpdf形式でご覧いただけます)

感謝状と贈呈された笹川郁夫氏

これは、国際学術コミュニケーション(特別)委員会GIFプロジェクトの中心メンバーとして、日米ILL/DDの枠組みである Global ILL Flamework (GIF)の立ち上げに携わるなど、日米間における学術コミュニケーションの改善に向けた、文字どおり大学図書館職員同士の直接対話(”face-to-face communication”)による貢献が評価されたものです。

なお、GIFプロジェクトメンバーは、北米側担当者と協力して、国際交流基金主催のレセプションにおいて、GIFプロジェクトへの参加をテーマとしたポスターセッションを行いました。

NCC ChairのToshie Marra氏から笹川郁夫氏への感謝状授与の様子